アプリコシンフォニーオーケストラについて

大田区民ホール「アプリコ」の開館記念イベントとして1999年、2000年に開催された「大学オーケストラフェスティバル」。その参加者が中心となり、2001年に設立されたのがアプリコシンフォニーオーケストラです。

設立以来、定期演奏会をはじめ、小学校の音楽観賞会や、公益財団法人大田区文化振興協会主催の「オーケストラワークショップ」における小中高生への指導など、大田区およびその周辺地域での活動を展開して参りました。また、菊地知也氏(チェロ)、関山幸弘氏(トランペット)、後藤悠仁氏(ヴィオラ)をはじめ、第一線の演奏家との共演や、ドイツでのベートーヴェン「第九」演奏、現代舞踊「エーデルワイスのうた」公演(平多舞踊研究所)におけるオーケストラピットなど、意欲的な取り組みを積み重ねています。

楽団員は、30代を中心に、会社員をはじめとするさまざまな職業・ライフステージにありながら、オーケストラをこよなく愛する一般市民。音楽を通じた巡り会い、地域とのご縁を大切にしながら活動しています。

2005年末にはドイツ・キールにてベートーヴェン第九交響曲「合唱つき」の公演(指揮:印牧和生)を行い、ご好評をいただきました。