アプリコシンフォニーオーケストラについて

大田区民ホール「アプリコ」の開館記念イベントとして1999年、2000年に開催された「大学オーケストラフェスティバル」。その参加者が中心となり、2001年に設立されたのがアプリコシンフォニーオーケストラです。

設立以来、定期演奏会をはじめ、小学校の音楽観賞会や、公益財団法人大田区文化振興協会主催の「オーケストラワークショップ」における小中高生への指導など、大田区およびその周辺地域での活動を展開して参りました。また、菊地知也氏(チェロ)、関山幸弘氏(トランペット)、後藤悠仁氏(ヴィオラ)をはじめ、第一線の演奏家との共演や、ドイツでのベートーヴェン「第九」演奏、現代舞踊「エーデルワイスのうた」公演(平多舞踊研究所)におけるオーケストラピットなど、意欲的な取り組みを積み重ねています。

楽団員は、30代を中心に、会社員をはじめとするさまざまな職業・ライフステージにありながら、オーケストラをこよなく愛する一般市民。音楽を通じた巡り会い、地域とのご縁を大切にしながら活動しています。

2005年末にはドイツ・キールにてベートーヴェン第九交響曲「合唱つき」の公演(指揮:印牧和生)を行い、ご好評をいただきました。

団長あいさつ

私どもアプリコシンフォニーオーケストラのWEBサイトへお越しいただき、ありがとうございます。

私達は特定の出身母体を持たないオーケストラです。「アプリコ」というホールが蒲田にできたことにより、私達メンバーは出会いの機会を与えられました。そんな「出会い」に感謝し、大切にしたい、そんな想いで私達は蒲田で活動を続けています。

人と人との出会い、音楽との出会い。私達が活動を続けていくことで、また新しい「出会い」が生まれれば、と願っています。

残念なことに、日本におけるクラシック音楽は、ポピュラーな嗜好とは言えません。需要も供給も大きくはないのです。私達は、アマチュア演奏家としてオーケストラ活動をする幸運を与えられました。ならば私達は、身近にクラシック音楽がある喜びをより多くのひとに伝えたい、共有したい、自己満足に終わらず、クラシック音楽が、社会により広く、深く根付いていくプロセスに少しでも力添えできればと考えています。

私達の活動に、どうぞご期待ください。


団長 齋藤 龍